治療院の選び方

保湿クリーム

人間の眼球は眼窩と呼ばれる骨のくぼみにすっぽりと収まっているのですが、骨と眼球の間に何も挟まっていないと、眼球をスムーズに動かすことができません。
そこで、眼窩脂肪という薄い脂肪が眼球を覆ってクッションの役割を果たしています。
若い頃はこの脂肪が筋肉でしっかりと支えられていますが、年をとって筋力が衰えてくると、だんだん下にずり下がってしまうようになります。
ずり下がった脂肪の行き着く先が目の下です。
ここでずり下がってきた脂肪が前方に飛び出してしまうことになりますので、皮膚がたるんでしまうようになります。
目の下の皮膚がたるむと老けた印象になってしまいますから、たるみが気になっている場合は、余分な脂肪を除去してもらうとよいです。
美容外科クリニックへ行けば、この脂肪を除去する手術を受けることができますので、たるみのないスッキリとした目になることができます。

美容外科クリニックと聞くと、メスを用いる外科手術を連想する人が大半ですが、最近はメスを用いない手術方法が増えてきています。
誰しも、できることなら肌に傷はつけたくないと希望しています。
そんな患者の要望に応えるべく、目の下でたるみを起こしている脂肪を除去する手術にも、メスを用いない方法が開発されるに至りました。
従来は、下まぶたのまつ毛の生え際に剃ってメスが入れられるようになっていたのですが、現在では下まぶたの裏側にある結膜に穴を開ける方法が主流になってきています。
経結膜脱脂術という名前の手術方法なのですが、肌に傷跡が残らないことに加えて、ダウンタイムも短縮化されているため、多くの患者が利用しています。

Copyright(c)2015 眼窩脂肪を取り除き、目の下のたるみをカイゼンするための治療方法